キャバクラの発祥とその概要について

キャバクラは、成人男性で社会人になったら上司や先輩、
取引先といった人と一緒に連れられていったりする経験が多い大人の社交場の一つです。
そのシステムは、キャバクラ嬢またはキャストと言う女性がお客さんの客席の隣りに座り会話をしたり、
飲み物を提供してくれたり、煙草に火をつけてくれたり、
おしぼりを提供してくれたり等の接待を行ってくれる飲食店となります。

なお飲み物については、主にビールやお酒といったアルコールのドリンクですが、
フリードリンク類と別途料金がかかるドリンクがあります。
またお客さんが客席に付いた時点で料金が発生する仕組みとなり、
時間制となり一時間単位で幾らといった形で単価が決定しています。

よくキャバクラ店の前の看板には、一時間当たりの料金が記載されており、
明朗会計を売りにして通行人や初めての人でも利用しやすいようにしています。
また店の方針としては、一時間の時間の中でも何度かキャストが入れ替わるシステムを採用している場合もあります。

そのキャバクラの歴史は1980年代半ばに発生した業態で、
法律的には風俗営業法の改正によって誕生したお店でもあります。
ただ風俗店であっても性的サービスを目的とした業態ではなく、
もっぱらお客さんと会話を楽しむといったことが売りとなっています。

なおお客さんによっては、あまりのキャストの可愛さや美しさによって我慢できなくなり、
おさわりをしてしまうといったケースもありますが、それはご法度です。
大抵は、キャストがお客さんの酔った勢いもあるので大目に見てくれることがありますが、
それに対する交わし方を身に付けている場合が多いです。

「キャバクラ」の語源については和製の外来語でもあり、
1970年代当時にぎわっていたキャバレーと高級クラブを足した言葉です。
1970年代はキャバレーが盛んであり、そこでも同じ様に女性がお客さんを接待して、
それ以外にダンスやショー、生バンドが行われたまさに大人の社交場といった雰囲気がありました。

しかし、次第にキャバレーがもっとこじんまりでも営業できる形態として、
同じ様に女性が接待するお店としてキャバクラに進化して行った訳であります。
そのため、大型店舗型のキャバレー自体が衰退してしまったと言われています。

営業形態もビルの一室を借りて営業しているケースが多く、
そこで働くキャバ嬢の質が店の繁栄にも繋がることが多いです。
そして、ビルの一室であるとお客さんも解り辛い点があります。
そこで駅前を歩いていると客引きのお兄さんがウロウロしていますが、
客引きのお兄さんと料金交渉して紹介して貰い、お店に行くパターンが多くなります。
キャバクラ店側もそういった客引きのお兄さんの力に頼ることが多く、
そこで集めたお客さんを如何にして常連のお客さんになってもらうかに力を入れています。

さて、ここまでキャバクラの歴史や語源についてご紹介してきました。
人の話を聞くのが上手だったり、気配りが得意な女の子にはピッタリのお仕事です。
キャバクラ派遣などの求人サイトをご覧になれば、
お仕事の流れやナイトワーク用語なども勉強出来ます。
詳しい話を聞きたい時は、キャバクラ派遣の登録会に出向いて直接話を聞くのも良いかも知れません。
キャバ嬢として働けば高時給ゲット間違いなし!是非チャレンジしてみましょう。